ミミズコンポストはかき混ぜる?かき混ぜない?

知識

みなさん、こんにちはー!

今回はシンプルな話題で、ミミズコンポストをかき混ぜるべきかかき混ぜないべきかについて話していきます。

ミミズコンポストについて調べていると

コンポストは

混ぜた方がいい!

混ぜない方がいい!

混ぜなくてもいい!

混ぜても別にいい!

などなど色々な情報が出てきませんか?ネットだけじゃなく、本を読んでいても同じ印象です。

とにかく、人によって言ってることが違うんですよね。

私は色んなタイプのコンポスターで実験したり、様々な本を読んできたのでなんとなーく筆者が言ってることがわかるようになってきました。

ということで、本日は

ミミズコンポストは混ぜるべきか?混ぜないべきか?シンプルにまとめていきたいと思います。

結論

結論からズバリ!

ミミズコンポストは定期的にかき混ぜた方がいいです!

 

厳密に言うと
かき混ぜるべきか、かき混ぜないべきかは時と場合によるんですが。笑

個人的には定期的にかき混ぜた方がよいと思います。もちろん例外もありますよ!

では、なぜかき混ぜた方がいいのか?しっかりと理由も説明していきます。

ミミズコンポストは定期的にかき混ぜよ!

理由①:ミミズには酸素が必要

コレはそのまま。ミミズも生き物ですので、活動するには酸素が必要です。コンポスト内は土と水と有機物(生ゴミ)とが混ざった状態で、空気が勝手に入れ替わるということはまずありません。

なので、ミミズやその他の生き物のためにも酸素を供給してあげましょう。

凝ってる人はメダカのポンプを使用して、土中に空気を送ったりするそうです!

理由②:水分の偏りを防ぐ

コレも大事ですね。
ほとんどのコンポスターは下部に水が溜まりやすくなっていると思います。

物理的に重力で下の方に水が落ちてきますし、意外と排水穴の位置と水が溜まる位置がズレてたりすることもあるので。

土の上と下を入れ替えるようなイメージで混ぜてあげると、水分の偏りもなくなると思います。

あまりにも水分が多いときは、新聞紙を入れて調整してあげてください。

理由③:嫌気的発酵になってしまう

上記2つの悪い状況が重なると、コンポスト内は嫌気的な発酵になってしまいます。

嫌気的発酵とは、酸素を伴わない発酵のことです。特徴としては、メタンガスやアンモニアが多く発生して腐敗臭がする・・・といった感じでしょうか。

ミミズが有機物を分解しても、メタンガスやアンモニアは出るのですがちょっとバランスが異なります。

ちなみにミミズはアンモニア臭が大嫌い。なのでコンポスト内で腐敗環境が進むと脱走したり、死んでしまったりもします。

かき混ぜのポイント

上記3つの理由を踏まえると、かき混ぜ方もわかってくるのではないでしょうか?

ホットケーキを作るときみたいに、ぐっちゃぐちゃに攪拌するのではなく。笑

ゆっくりと空気を入れるように、水分のバランスを保つようにと意識してやってみてください。

余談:そもそも、なぜ意見が分かれるのか?

ココ大事ですね。
そもそもなぜコンポスト内かき混ぜ問題で意見が分かれるかと言うと、

色んな種類のコンポスターが存在する

ミミズのおしっこ(液肥)に対する考え方の違い

このふたつに集約されるような気がします。

世の中にはたくさんのミミズコンポストがあって、形状もエサの与え方も、堆肥の収穫の仕方も全く違います。

ということは、そのコンポスターに適した利便性の高い処理がそれぞれの場面で存在するわけです。

いわゆるフロースルー型などはかき混ぜなど言語道断ですし、混ぜる術もないと思います。笑

参考までに!
http://blog.mimizu-project.com/2007/09/diy2.html?m=1

ということは、例外がある!

そうそう。例外があるんです。さっきも言ったように、色んな種類があるんだから当たり前ですね!

具体的には、構造上かき混ぜるのが困難な容器はかき混ぜる必要はありません。と言うか、混ぜられないんだから混ぜなくてもよくない?ってことです。笑

また、排水性がよく通気性もよい容器であればかき混ぜる必要はありません。そんな容器だったら、かき混ぜるメリットがないですからね。

かき混ぜることによって、少なからずミミズを傷つけたりするというデメリットもあるので、総じてやらない方がよいでしょう。

まとめ

いつものごとく、気づいたらたくさん書いてました・・・。すみません。笑

今回は、ミミズコンポストのかき混ぜについてお話ししました。みなさんも参考に、ミミズの育て方を工夫してみてください。

では最後までお読みいただき、ありがとうございます。よかったら、動画もご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました