ミミズコンポストにダンゴムシが居ても大丈夫?

生態

みなさん、こんにちはー!
おとさんです。

今回はミミズにダンゴムシが居ても大丈夫?というテーマでお話しします。

この記事に限っては、ダンゴムシ=ワラジムシと考えOKです!

ダンゴムシとワラジムシの違いに関しては、別の記事で触れますね。

結論:ダンゴムシは居て大丈夫

今回も結論から。

ミミズコンポストの中には、ダンゴムシが居ても大丈夫です。

ミミズは土の分解者として有名ですが、ダンゴムシもまた優秀な分解者なのです。

ミミズとダンゴムシはお互いに悪さをしませんし、相乗効果さえあるでしょう。

 

ダンゴムシは何を食べる?

ダンゴムシは雑食性と言われています。

朽ちた植物も食べますし、虫の死骸なども食べます。

場合によっては、植物の新芽なども食べるので食害中としても有名ですね。

とはいえ、基本的には枯葉を食べています。

湿り気があって腐った落ち葉などが大好きです。

ミミズと同じですね!

ダンゴムシはミミズを食べる?

ダンゴムシは雑食ですが、生きているものに襲いかかったりはしません。

なので、ミミズコンポストに侵入してミミズが食べられるということもありません。

魚は喜んで食べるそうですが、海や川を泳いで狩りをするわけじゃないですしね。

ダンゴムシとミミズとの相性

以上を踏まえると、ミミズとの相性はよいと言えそうですね。

お互いに天敵でもないですし、分解者として協力しあえる関係です。

しかも、ミミズの死骸はダンゴムシによって分解されますし、ダンゴムシの死骸はミミズによって分解されるのです。

正に、相乗効果ではないでしょうか?

まとめ

今回はミミズとダンゴムシとの関係について、お話ししました。

相性は良いので、ミミズコンポストの中にダンゴムシを入れるのはバッチリですね!

私が販売する、シマミミズと土のセットにはダンゴムシが入っていることがあります。

その場合は、「ラッキー!」と思ってくださいね。

ということで、今日はここまで。他の記事もぜひ、お読みください。

お知らせ

新潟ミミズ情報局ではシマミミズを販売しています!

シマミミズの購入はコチラから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました